宝くじシミュレーター/宝くじツールの使い方
ジャンボ宝くじシミュレーター、LOTO6/miniLOTOシミュレーター、宝くじツール(bara+SR)の使い方についての説明です。
よくある質問(FAQ)も併せてご覧ください。
宝くじシミュレーターの使い方
ジャンボ宝くじシミュレーターはシミュレーターのページが開けば自動的にシミュレーションが始まります。

シミュレーターの各ボタンで以下のような操作ができます。
  • [停止/再開]ボタン …(1)
     ボタンをクリックする毎にシミュレーションの一時停止と再開が出来ます。
  • [遅・・・速]ボタン …(2)
     シミュレーション速度を「遅い/普通/速い」の3段階で変更できます。
  • [リセット]ボタン …(3)
     実行中のシミュレーションを中断し最初からやり直します。
 ※いちばん左側にある空白のボタンは現在使われていません。
(1) スタート(開始)
[開始]ボタンをクリックすると開始します。
なお、同じ数字を買い続けるケースのくじ《左画(5)》の設定状況によって以下のように動作します。
  • 数字が1口も設定されてない場合(デフォルト)
    [開始]ボタンをクリックすると自動的にQPで5口分の数字を設定し5口でシミュレーションが始まります。
  • 数字が1口以上設定されている場合
    [開始]ボタンをクリックすると購入くじ番号《左画(5)》に設定されている口数(1口〜5口)でシミュレーションが始まります。
シミュレーション実行中または一時停止中に[開始]ボタンをクリックすると、くじの設定はそのままでシミュレーションを初めから再試行します。
(2) 一時停止/再開
[停止/再開]ボタン《左画(2)》をクリックするとシミュレーションの一時停止/再開ができます。
(3) スピード切替え
[遅・・・速]ボタン《左画(3)》でシミュレーションのスピードを3段階で切り替えることができます。
(4) リセット
リセットボタン《左画(4)》をクリックするとすべての設定がリセットされます。

数字選択シートの使い方 (数字を新規に選択する方法)
同じ数字を買い続けるケースについて、任意の口数(1〜5口)で好きな数字を設定することができます。
  1. 何口目の数字を選択するかA〜E《左画(1)》にチェックをいれます。
    ※A〜Eの背景色と購入クジ番号欄《左画(4)》の色が対応しています。
  2. 数字選択欄《左画(2)》で1〜43(ミニロトは1〜31)の数字から6個(ミニロトは5個)の数字を選ぶか、 または自動的に数字を選びたいときは「QP」にチェックをいれます。
  3. [OK!]ボタン《左画(3)》をクリックすると購入クジ番号欄《左画(4)》に選んだ数字が設定されます。
  • 設定したい口数分、上記1〜3の操作を繰り返してください。
数字選択シートの使い方(設定した数字の訂正方法)
上記「数字を新規に選択する方法」を行えば上書きで訂正できます。
数字選択シートの使い方 (設定した数字の削除方法)
  1. 削除したいクジをA〜E《左画像(1)》から選びます。
  2. 数字選択欄の削除《左画像(2)》にチェックを入れます。
  3. [OK!]ボタン《左画像(3)》をクリックすると対象のクジ番号が削除されます。
数字選択シートの使い方 (使用時の注意点)
  • 数字選択シートにおける処理の優先順位は、「削除 > QP > 数字」です。
    【例】
    ・[削除]と[QP]の両方にチェックが入っている場合は、「削除」の処理をします。
    ・好きな数字を選んでいて[QP]にもチェックが入っている場合は、「QP」の処理をします。
  • 数字を規定数(6個または5個)選んでない場合、[OK!]ボタンをクリックしても何も処理をしません。
    エラーメッセージも出ませんので、数字が購入クジ番号欄に反映されないときは選んだ個数が足りているか確認してください。
宝くじツールの使い方
ツールの使い方は、Step1で宝くじの「組・番号」を設定してStep2で「実行ボタン」をクリック するだけです。




左の画像のようにジャンボ宝くじが1枚あるとします。

この1枚がバラ1セットの袋に入っていた宝くじであると仮定し、 この宝くじと一緒にバラ1セットに入っていた他の9枚の宝くじの組・番号を調べるられるのがこのツールです。

まず、この1枚の宝くじの組・番号をStep1に設定します。

※左の例の場合、「36組155146番」を設定します。


Step2の実行ボタンをクリック


実行結果エリアにバラ1セットに入っていると考えられる10枚の宝くじの組・番号が表示されます。

※Step1で設定した組・番号は緑色で表示されます。

ちなみに・・・
実際にバラ1セットに入っていた宝くじ10枚の組・番号はというと、

左の画像のようになってます。
ツールの使い方は、Step1で宝くじの「組・番号」を設定してStep2で「実行ボタン」をクリック するだけです。


左の画像のように未開封の「バラ1セット(バラ10枚)」のジャンボ宝くじがあるとします。

このバラ1セットの袋を開封しなくても他9枚の組・番号が分かるのがこのツールです。

とりあえず開封しないで・・・
袋から見えている組・番号をStep1に設定します。

※左の例の場合、「81組100591番」を設定します。


Step2の実行ボタンをクリック


実行結果エリアにバラ1セットに入っていると考えられる10枚の宝くじの組・番号が表示されます。

実際にバラ1セットの袋を開封してみると・・・

ご覧のように実行結果が実際の宝くじと同じになってます。