よくある質問(FAQ)
宝くじシミュレーターについてのQ/A集です。
web宝くじシミュレーターの使い方のページと合わせてご覧いただくと良いかもしれません。
シミュレータ全般に関するQ/A

  • ブラウザのJavaScriptが有効になっているか確認してください。
    宝くじシミュレーターを利用するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  • ブラウザやブラウザのバージョンによっては、レイアウトが崩れるなどうまく表示されない可能性もあります。
    ※ 表示や動作確認はFirefox、InternetExplorerで行っています。

  • ブラウザのJavaScriptが有効になっているか確認してください。
    ジャンボ宝くじシミュレーターの場合はJavaScriptが有効になっていれば自動的に開始します。
  • ジャンボ宝くじシミュレーターの場合、「リセット」ボタンをクリックしリスタートしてみてください。
  • LOTO6、LOTO7、ミニLOTOのシミュレーターの場合、「スタート」ボタンをクリックするとシミュレーションが始まります。
  • セキュリティーソフト(Norton Internet SecurityやNorton Personal Firewallなど)やブラウザなどのソフトの設定によって、リファラが遮断されていると動かないことがあります。その場合はリファラを送信するよう設定を変更してみてください。
  • その他、ご利用環境(OSやブラウザのバージョン、ネット接続形態、セキュリティ設定など)によっては動作しない場合があります。

  • シミュレーターにある[停止/再開]ボタンをクリックすると一時停止できます。
    または、ブラウザを閉じるか他のページへ移動してください。

  • ジャンボ宝くじの場合
    [停止/再開]ボタンや[Stop]のチェックボックスがあるシミュレーターは、 ボタンをクリックするかチェックを入れると一時停止し、再度ボタンをクリックするかチェックを外すと続きから再開することができます。
    ※これらのボタンやチェックボックスの無いシミュレーターは一時停止できません。
  • ロト6・ミニロトの場合
    [停止/再開]ボタンをクリックすると一時停止/再開ができます。

  • ジャンボ宝くじの場合は、「リセット」または「RESTART(リスタート)」ボタンをクリックすると自動的に再試行します。
  • ロト6、ミニロトの場合は、「開始」ボタンをクリックすると最初から再試行し、「リセット」ボタンをクリックすると表示など全てリセットされます。

  • とりあえず、ず〜っと動き続けます。

  • 戻り率は、宝くじの総購入金額に対してどれだけ当籤金が戻ってきたかを示す値で以下のように算出しています。
    戻り率(%) = 当籤金額 ÷ 購入金額 × 100
  • 当籤率は、宝くじの総購入口数(枚数)に対して何口(何枚)当籤したかを示す値で以下のように算出しています。
    当籤率(%) = 当籤口数または当籤枚数 ÷ 購入口数または購入枚数 × 100

  • 戻り率・当籤率は、少数点以下のある位置で切り捨てて表示していますので、1等など当せん本数が少ない等級では0%と表示されることがあります。
このページの先頭へ ▲
ジャンボ宝くじシミュレータに関するQ/A

基本的には次のような条件でシミュレーションしています。
  • バラ買い。
    ただし、実際に宝くじを購入するとき10枚単位で購入することが多いと思いますので、「1枚ずつ」のバラで買いではなく「10枚1セット」でバラ買いするイメージで試行してます。
  • ユニットは無視。
    ジャンボ宝くじの当籤番号はユニット単位で決まりますし、発売される宝くじにより20〜70ユニットくらい発売されているので、同じ組−番号が複数存在しますので、ユニットは無視しています。

※当サイト開設当初より処理速度を早くして欲しいという要望が多かったので、照合処理など出来る限り端折って簡素化し処理速度を優先させたため、このような条件にしています。

  • シミュレーション内での「くじの組-番号」の取得は、10枚1セットのバラ買いのイメージになるように制御しながら1枚ずつ取得し当籤番号照合を行っているため、1枚ずつカウントアップしています。

  • 以下のような理由により、数千万回試行しても1等が出ないことは十分ありえます。
    •  宝くじの組・番号の抽出はシミュレーションの前提条件を加味しプログラミング言語で標準提供されている乱数関数を使い、単純に乱数でランダムに抽出して決めています。
       この乱数(擬似乱数)について乱数の偏りの調整のようなことはプログラム上では何もしてませんので、抽出される組・番号に偏りが起こることは十分考えられます。
    •  実際のジャンボ宝くじは複数ユニット発売(ジャンボによるが20〜70ユニットくらい?発売)されていますし、 当籤番号はユニット単位で決まりますので、当シミュレーターではシミュレーションの前提条件として「ユニットは無視」しています。
       つまり「01組123456番」という宝くじ券があった場合、それがユニット1の宝くじ券なのかユニット2の宝くじ券なのかは区別していませんので、 当然ですが仮に1000万回試行したとしてその段階で1000万通り全ての組・番号が出ているとは限りません。

  • グリーン・ドリーム・サマー・オータム・年末のそれぞれのシミュレーターのページでは、それぞれの直近の当籤番号でシミュレーションできます。
  • 2年前など過去の当籤番号でシミュレーションしたい場合は、宝くじシミュレーター・アーカイブのページからご利用いただけます。
このページの先頭へ ▲
ミニロト/LOTO6/LOTO7のシミュレータに関するQ/A

基本的には次のような条件でシミュレーションしています。
  • デフォルトでは1回の試行で5口分の購入を想定。
  • 同じ数字を買い続けるケースと、毎回クイックピックで買うケースの2パターンを同じ口数(1〜5口)で同時に試行します。
  • 同じ数字を買い続けるケースは、最初に1〜5口分の数字を決めその数字で抽選を続けることが可能です。
    ※ デフォルトは5口をQPで決定します。
  • 当選金額は、理論値で計算しています。なお、キャリーオーバーは無視しています。

  • 「同じ数字を買い続けるケース」について、各シミュレーターのページの数字選択シート欄から好きな数字を選ぶことができます。
    数字の選択方法は、各シミュレーターのページに記載の説明文や使い方のページを参照してください。

  • 本数字に一致したものは数字だけ表示されますが、ボーナス数字に一致したときはカッコ付き数字で表示されます。
  • シミュレーターの仕様上、ボーナス数字が一致していれば3等や4等などボーナス数字が関係ない等級のときもボーナス数字が括弧付きで表示されます。

  • 1行目の「××口目」は、その等級が何口当たったか、何口目の当たりかを表示しています。
  • 2行目は、当選した時点での合計購入金額、合計購入回数、合計購入口数が表示されます。つまり当選するまでにいくら使ったかが分かります。
このページの先頭へ ▲
その他のQ/A

  • 今のところ時期未定です。大変申し訳ありません。気長にお待ちください。
このページの先頭へ ▲