宝くじシミュレーターについて
このサイトで公開している「宝くじシミュレーター」および「宝くじ無駄ツール」ついての簡単な説明です。
ジャンボ宝くじシミュレーターについて
ジャンボ宝くじがどれくらい当たるものなのかシミュレーションしてみようと作ってみました。
  1セット(10枚袋入り)のバラ買いでシミュレーション
宝くじ売り場でバラ買いする場合「バラ10枚」といった感じで1枚ずつ10枚ではなく10枚1セットの袋入りを買います。
そして、その10枚1セットは必ず末等が1枚当たっているようなっています。
このサイトのシミュレーターでは10枚1セットを考慮し試行10回で1セットになるようにして実際のバラでの購入にできるだけ近い形でシミュレーションをしています。
  年5回それぞれのシミュレーターのページを開設
ジャンボ宝くじシミュレーターは1つだけでも良かったのですが、5回それぞれのジャンボ宝くじで等級や当せん金額などに違い(特徴)があるので、 グリーンジャンボ、ドリームジャンボ、サマージャンボ、オータムジャンボ、年末ジャンボそれぞれのジャンボ宝くじシミュレーターのページを用意しました。
  Trial版のページを開設
ジャンボ宝くじの発売に合わせて、発売される宝くじの当選本数でシミュレーションできるTrial版のシミュレーターのページを随時開設していますので、 宝くじを購入する際の参考にでも御利用ください。
※諸事情によりTrial版ページを開設しない場合もありますので御了承ください。
このページの先頭へ ▲
数字選択式宝くじ(ロト6、ミニロト)シミュレーターについて
ロトの数字を選ぶとき、
  1. 予想して毎回違う数字を選ぶ人
  2. ずーっと同じ数字を買い続ける人
  3. 運を天に任せてクイックピックにする人
とった人がいると思いますが、毎回違う数字を選ぶのと同じ数字を買い続けるのでは、どっちが当りやすいのだろうか? と思ったりしたのでこのシミュレーターを作ってみました。
  2パターンを比較シミュレーション
このサイトの宝くじシミュレーターでは、上記の(b)(c)の2つについて、それぞれ「同じ数字を買い続けるケース」「毎回QPで買うケース」として、 同時に試行しシミュレーションの比較を出来るようにしています。
  好きな数字の設定ができる(同じ数字を買うケースのみ)
{同じ数字を買い続けるケース」のクジについては、好きな数字の設定が可能になっています。(1〜5口まで任意に設定可能)
  1〜5口の任意の口数でシミュレーションができる
「同じ数字を買い続けるケース」のクジに設定した口数でシミュレーションができます。(デフォルトは5口で試行)
※試行回数を考えると実際のロトと比べ多少意味の無い部分もありますが、それは気のせいということで・・・w
※当サイトでは数字の予想や分析は行っていません(^_^;)
  予想や分析は、それを行っているサイトが数多くありますのでそちらをご利用ください。
このページの先頭へ ▲
宝くじツール「bara+(ばらじゅ〜!)/bara+SR(ばらじゅ〜!SR)」について
自分の場合、宝くじを買ったら抽選日まで(実際はくじの引き換え開始日まで)開封しないようにしています。
なぜかといえば、間違って高額当選しちゃったら引き換え日までの数日間、心配事が増え精神衛生上よくないからですw
とはいえ、抽選日などは自分が買ったバラの宝くじにどんな番号が入っているのか気になる訳で、
封を開けなくても買った宝くじの番号が分ればいいのになぁ〜

と思ったりしてたのでこのツールを作ってみました。
  バラ1セットの袋の窓から見える1枚の組・番号から他の9枚の組・番号がわかる /bara+
連番は袋から見えている1枚の組・番号から10枚全ての番号が分りますが、 このツールでバラでも袋の窓から見えている1枚の組・番号から10枚全ての組・番号が分かります。
  1枚の宝くじがバラセットに入ってたと仮定し、他の9枚の組・番号がわかる /bara+SR
1枚の宝くじがバラ1セットの袋に入っていたと仮定して、その1枚の宝くじの組・番号から バラ1セットに入っていたと思われるほか9枚の組・番号がわかります。
このページの先頭へ ▲